塗装で劣化を防ぐ外壁塗装の必要性とHOWTO

Home and House

塗りムラ

塗りムラができないように

現在では、部屋の壁の塗装はDIYで行うのが普通と言われるようになりました。特殊な道具が必要なわけではないですし、テクニックもそこまで必要としません。さらに、コストもかからないのでDIY塗装がブームになるのも分かります。 しかし、最初は塗りムラができることも多く、悩む人も多いでしょう。きれいに仕上げるには重ね塗りが基本になります。一度目のペンキが乾燥したら、再び同じ要領で重ね塗りをしましょう。重ね塗りをするときは、ムラや塗り忘れがないか時々壁から離れてチェックすることです。 最近は、重ね塗りが必要ないと言うペンキも売られていますが、重ね塗りをした方がきれいに仕上がります。失敗をおそれずに塗装していきましょう。

ローラーとマスキングテープについて

広い面を塗装するときは、ハケよりもローラーを使った方が楽に塗れます。ローラーで塗装するとペンキがたれやすいと言われていますが、それはペンキをつける量が少ないからです。また、斜め塗りをするとペンキはたれやすくなります。ローラーで壁を塗装するときは、ペンキをたっぷりつけて一定方向に動かすと言うことを守りましょう。ペンキがたれることなく、均一に塗ることができます。ローラーを使うときは、少し工夫が必要なのです。 また、壁を塗装するときはマスキングテープで養生をしていると思います、塗装し終わったらマスキングテープをはがさなくてはいけません。マスキングテープをはがすタイミングは、ペンキが完全に乾燥する前です。